ワンステップコンサート&飛びアンリー

ライト兄弟より100年前に空を飛んだ少年アンリーの物語

三線の生演奏と歌と語りで綴ります。

あらすじ

むかし、沖縄の国にアンリーという男の子がいました。毎日浜辺に立って海を見つめていたアンリーは、空を飛び交う鳥達をみて思うのでした。「ああ、ワンも鳥になりたいな」・・・それからというもの、ニワトリの羽を犬の足につけてみたり、猫のしっぽに花火をくくりつけたり、ついには大きな凧に自分をはりつけてみたりするアンリー。失敗の繰り返しです。失敗を繰り返しながらも、アンリーは夢を捨てませんでした。琉球王朝の末期、南海の大空を飛んだと伝えられる少年アンリー(飛び安里)の、伝説的実話に基づいた「夢と冒険の物語」を生演奏と三線(サンシン)の弾き語りと大型映像でおおくりする壮大な「うたものがたり」です。

スタッフ紹介

作/儀間比呂志
(海風社刊「沖縄の鳥人 飛びアンリー」より)
構成・演出・音楽/岩瀬よしのり

迫力の映像!会場の窓を開放しての鑑賞も可能です。

●今日、一番おもしろかった所は、とびアンリーがシャボン玉えきをのんで口らあわをふいてたおれたり、ねこにはなびをつけたり、いろいろなことをじっけんしている所が一番おもしろかったです。(一年生 男の子)

●とちゅうで海におちそうになったときはドキドキしましたが、とべてすごいと思いました。(三年生 女の子)

●さいごはどうなるのかとおもって心がうきうきしました。(四年生 男の子)

第一部 ワンステップコンサート

陽射しの中で

みんなのカーニバル

グラスハープ合奏

あおいくま 他